2019年01月04日

437 年始の患者さん


年始はのんびり診療を、、、

そう思っていても、忙しくなるのが仕事始めです。

「正月に羽目を外し過ぎて前歯を折った」 「餅を食べていたら被せ物が取れた」

「久しぶりに会った孫と遊んでいたら頭突きをくらって歯が欠けた」   など、、、、

普段はあまり聞かない理由で患者さんが来られます

来院が重なると初日の朝は大忙し

差し歯が取れたとゆう60代の女性は「見た目だけでのすぐに治して」と慌てた様子。

聞けば帰省した息子夫婦・孫と家族写真を撮る予定だとか。
急いで処置して見送るうちに正月気分もどこかに飛んでいきました



posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

436 「8020運動」30周年

80歳で20本以上の葉を保持しよう

高齢者の口腔保健向上のために歯科関係者が主体となり、国とともに推進してきた「8020運動」は、今年で30周年を迎えました

構成労働省の調査によると8020達成者は、運動に取り組み始めた1989年には7%前後でしたが、
2005年には24.1%、2011年には40.2%、2016年には過去最高の51.2%を達成

国民の口腔ケアへの意識は向上し、現在では80歳の高齢者の半分以上が、20本以上の歯を維持するまでに至りました

国民の口腔保健はこの数十すねんで大きく改善しています。
しかし、まだまだ道半ば。
歯は残っているものの、むし歯を有する高齢者の割合は増えています。

セルフケアが難しい高齢者の口腔ケアをどうするのか。

歯を失う最大の原因であり、30〜50代で8割が罹患する歯周病にどう立ち向かうか。
まだまだ課題が山積みしています

自分の歯で噛んで食事することは元気で長生きするためにとても重要なことです
健康長寿社会に向けて、さらなる取り組みが求められています
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

435 セルフケアとプロフェッショナルケア

口腔内のケアには、自分自身で行うセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルケアがあります


セルフケアとは、主に毎日の歯みがきの事で、口腔機能を維持するためによく噛んで食べることなども含まれています

プロフェッショナルケアとは、口腔内を健康に保つための様々な指導や、歯石を取り除くスケーリング、機械で歯の清掃を行うPMTC、
汚れを付き難くするフッ化物塗布などです。

皆さんも経験があると思いますが、自分ではしっかり歯みがきしたつもりでも食べかすやプラーク(歯垢)が残ったりすることがよくあります。
歯と歯の間、奥歯の付近など歯ブラシを当て難くい、患者さん自身では難しい口腔内のケアは、プロである私たち衛生士にお任せください

むし歯は、年々、減ってきていますが、依然として多くの方が歯周病にかかっています。
そうした歯周ケアも私たちの仕事です。
ぜひ気軽にご相談ください
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

434 フッ化物って何?

最近では多くの、歯磨き剤に配合されるようになった「フッ化物」(フッ素)。
自然界にも存在する元素の一つですが、その働きを」知らない人も多いのではないでしょうか。
フッ化物の虫歯を防ぐ効果をご紹介します

フッ化物の3つの効果

・歯を強くする
 歯の表面部分(エナメル質)に取り込まれたフッ化物は歯質を強化し酸に強くします。

・歯を修復する
 酸によって溶かされたエナメル質が修復のためカルシウムなどの成分を結びつく働きを促進します。

・むし歯の働きを抑える
 フッ化物がむし歯菌の活動を邪魔して、酸を作る働きを抑えます。

フッ化物の利用方法として
フッ化物を歯に塗る
フッ化物で口を洗う
フッ化物入り歯磨き剤を使う
などが一般的です。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

433 ブラッシング法

毎日しっかりと歯みがきしているつもりでも、意外と磨き残しが多いものです。
しっかりとプラーク(歯垢)を落とすにはテクニックが必要です

ブラッシングの基本は

歯ブラシの毛先を紙面に当てる
歯ブラシの毛先が広がらないように軽い力で磨く
5〜10ミリ程度の幅で小刻みに動かす

ことです。
鏡を見ながら1本ずつ丁寧に磨いて下さい

プラークが残りやすいところは、歯と歯の間や、歯と歯肉の境目、奥歯の噛み合わせの部分など。
歯面に毛先が当たるよう、歯ブラシの角度を工夫しながら磨いてください
歯間ブラシなどを使うことも効果的です。


また、毛先が傷んで広がった歯ブラシはプラークを落とす効果が4割減少するといわれています。
交換のタイミングにも気を付けて下さいね
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

432 抜歯後に血が止まりにくい時は、、、


歯を抜いた後、自宅に帰ってから数時間経っても血が完全に止まらなかったり、再出血したりすることがあります。
そんな時は、清潔なガーゼ(自宅になければティッシュ)を4〜5枚重ねて小さく折りたたみ5〜10分ぐらい噛み続けてください

徐々に出血量が減ってきます。
ガーゼを噛んでいてもたくさん血があふれてくる場合や、出血量が変わらない場合は傷口などに問題がある可能性があります

歯科医院に連絡し、賞状を伝えてください。

抜歯後1〜2日は唾液に血が混じることや血の味がすることがあります。
微量の出血は問題ありませんので、安心してください

抜歯した後は傷口が気になって下で触ったりうがいを繰り返したりしがちです。

せっかく固まってきた血のかたまりが取れると再出血してしまいますので、傷口に触れないように安静にして過ごしてくださいね

また、近年では高齢化に伴って、脳血管障害や循環器疾患などで血を止まりにくくする薬を飲んでいる方も増えています。
歯科医院を受信する際には服用している薬を必ずお伝えください
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

431 朝起きると顎がだるい原因は?


原因はいくつか考えられますが、歯ぎしり・噛みしめ・くいしばりなどの癖(ブラキシズム)が少なからず関係していると思われます

ブラキシズムがひどくなると、歯の摩耗や破折、歯周疾患、顎関節通、肩こりなど様々な問題を引き起こすことが指摘されています



一方で、ブラキシズムには不安やストレスを緩和させる役割があるとも言われており、一概に悪癖扱いできないようです
宇都レスの多い現代人にとっては悩ましい問題ですね


睡眠中のブラキシズムを根本的になくすのは難しいといわれています
歯に加わる強い力から歯を守るために、マウスピースを装着する対症療法があります。

一度、歯科医に相談してみてください
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 13:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

430 再予約を忘れずに

「しまった❗今日は歯医者の日だった❗」

予約日をうっかり忘れてしまい、廃車から足が遠のいてしまう😵
こんな経験はありませんか⁉

「無断キャンセルで再予約がしづらい」
「忙しくて予約を取り直すのが面倒」

など、、、理由は様々だとおもいます。

治療や定期検診を中断していた患者さんが再来院するきっかけは “痛みが出た” というケースがほとんどです😞
虫歯が重症化しているケースも多く、歯の神経や歯そのものを抜かなければならないことも😖

そうなると、治療費や治療時間も増えてしまい大変です。

こんなとき、患者さんが口にするのが「もっと早くきたらよかった…」との後悔の言葉です❗❗❗

予約日を忘れても、再予約は忘れずにしてくださいね💕
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 16:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

431 喫煙が口に及ぼす影響



喫煙が体に悪い影響を与えることは広く知られていますが、口腔内にも悪影響があることはあまり知られていません

煙が一番初めに通過するのが口です。
アールという物質が原因で歯の表面にヤニがつくことに加え、歯肉が赤黒く着色します。
これはニコチンの毛細血管収縮作用で組織の血行が悪くなることと、一酸化炭素によって酸素の供給が妨げられることで起こります

タバコには4,000種以上の化学物質が含まれ、その内40種類は発がん性物質と言われています。
口の粘膜は化学物質が吸収されやすいため、口腔がんや咽頭がんの発生率を高めてしまいます。

そして、喫煙は歯周病が悪化する最大のリスクファクター(危険因子)といわれています。
歯肉の着色や血管収縮で腫れや出血がわかりづらく、喫煙者自身が開始が遅れてしまうからです

タバコを吸われている方はこの機会に禁煙について考えてみてはいかがでしょうか
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

No.429 口腔ケアグッズ

 歯と歯の間の汚れは歯ブラシだけでは落とせず、むし歯や歯周病の原因になります。
1日1回は歯間ブラシを使用することをお勧めします。
 スムーズに入るサイズを
 歯間ブラシには細い順に4SからLLまで7サイズあり、自分の歯ぐきの隙間に合ったサイズを選ぶことが重要です。
挿入した時にスムーズに動かせることが目安です。
歯間ブラシが入りにくいところに無理して入れたりワイヤー部分でこすったりすると歯や歯ぐきを痛めてしまうこともあります。
最小サイズの4Sが入らない場合は、デンタルフロスを使いましょう。
傷んだら交換
 歯間ブラシは歯ブラシのように洗って、繰り返し使うことができますが、毛が痛んだり、ワイヤーが曲がったり、グラグラし始めたら、交換の目安です。
 歯ぐきに炎症がある場合、出血することもあります。
毎日使用していても出血が続くようでしたら歯科医院へご相談ください。 
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 15:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする