2019年12月03日

468 コンピューターがつくる歯科技工物


むし歯治療で歯を削った場合、ペースト状の歯型を採る材料を口に入れ、型採りをします。
詰め物や被せ物など歯科技工物をつくる。ために必要な作業ですが、
材料が固まるまで口に入れたままにしなければならず、苦手な人が少なくありません

最近では型採りせず、カメラで口腔内を撮影する「3Dスキャナー」の開発が進んでいます
スキャンーを使って計測すれば、俊二にパソコン上で歯型を立体的に表示させることができます。
新かはそれだけではありません。歯型の3Dデータがあれば、コンピューターで詰め物や被せ物を設計し、
3Dプリンターなどでつくりだすことが出来るようにもなります

完全に実用化されれば、従来の歯科技工で不可欠だった型採りの材料や歯型の石膏模型が不要になります

実は、コンピューターによる歯科技工物の設計・加工システム(CAD/CAM)はすでに一部の歯科医院や歯科技工所に導入されています。
あと数年もすれば、歯科技工の現場は様変わりしているかもしれません
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

467 江戸時代の人々は虫歯になったらどんな治療をしていたのでしょうか?


当時が現代のように砂糖などを頻繁に口にする機会がなく、むし歯になる人は多くなかったようです。
とはいえ、現代的な歯ブラシやブラッシング技術も確立されていなかったため、むし歯になる人はいました

現在の歯科治療はむし歯になった部分を削り、穴の開いたところに詰め物や被せ物を施します。

当時は歯を削るという発想さえない時代

痛みを取り除くためには歯を抜くしかありませんでした。
痛みをやわらげる麻酔薬もない中で、歯を抜くのは荒業でした

木製の入れ歯も作られていたようですが、高価なため庶民には手が出なかったようです
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

466 生涯の健康に定期的予防処置


近年、歯科を受診するスタイルが変わってきました。
昔は歯にむし歯などのトラブルが起こった時に受診して、歯を修復・治療すれば、
その後は何年も通院することがない患者さんも少なくありませんでした。

人が歯を失う原因の9割が、歯科の2大疾患の「むし歯」と「歯周病」です。

この2大疾患から歯を守るために、歯科診療所へ定期的に通い予防的処置をすることが重要になりました

歯科医院で予防的処置の中心的役割を担うのが国家資格である歯科衛生士です。
現在、歯科衛生士として働いている人数は、約12万5千人。
この25年で3倍近く増えましたが、まだ需要に追い付いていないと言われています。

歯科衛生士の業務は大きく分けて3つあります。

@歯石・プラーク除去など「口腔清掃」
A歯科診療の補助
Bセルフケアや食生活をアドバイスする歯科保健指導 です。

口腔の健康が全身の健康に影響を及ぼすことが知られるようになりました。
生涯を自分の歯でしっかり食べられることが重要です。歯科衛生士の出番です
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

455 むし歯じゃなくても歯が溶ける?

 むし歯は、ばい菌の出す酸によって歯が溶ける病気ですが、酸性の強い食品などによって歯が溶ける場合を酸蝕症(エロージョン)と言います。
 昔、何かの間違いで水質が酸性になってしまったプールで練習をしていた水泳選手たちの歯が溶けた事例があり、スイマーズエロージョンなどと呼ばれたことがあったそうです。これは特殊な例ですが、食品やビタミンCなどのサプリメントによる酸蝕症も見かけます
 食事後は口の中が酸性に傾く為、直後の歯みがきは歯を傷めるという説は根拠がはっきりしない様ですが、酸のきつい食品を食べた直後の歯みがきは控えた方が良さそうです。
 お茶や水で口の中の酸性度を下げることも予防になるでしょう
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

454 歯みがきは1日何回すればいい?


歯みがきは、回数も質も重要です
食べたら歯を磨くことが基本です。
しかし、毎食後きっちり歯を磨く時間を確保できない方が多いのではないでしょうか。
そこで予防の為には最低でも1日1回、しっかりとプラークやバイオフィルムを除去することが大切です
むし歯や歯周病の原因となる細菌は就寝中に繁殖しやすい為、就寝には丁寧に歯を磨き、1日の汚れを落としましょう。
もちろん忙しい日中、短時間でも歯を磨くことは予防に役立ちます。
特にフッ化物入りの歯磨き剤を使用している場合はフッ化物による効果が期待できます。
時間のない朝や昼にはざっくり磨き、夜には歯ブラシとフロスで1本1本丁寧に歯みがきするのはいかがでしょうか
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

453 病名拒絶

歯の痛みで来院される方の多くが

「歯が黒くなっているでしょ。しみるんだけど。噛んだら痛い。ほら虫歯でしょう。」

と、アピールされます。
虫歯であることが多いのですが、そうではないことも多々あります。
歯周病や知覚過敏は納得してもらえます。
それ以外の病名となると納得してもらうのに苦労します。

「もっと詳しい説明してください」

となる方、

「よくわかんないけど、痛くないように治療してください」

となる方などなど、、、。

最近、私自身が病気になり、医師から聞きなれない病名が告げられ、説明されてもよく分からず戸惑いました。
医療関係者であっても初めて聞く言葉(病名)には、まず拒絶が入るものだと感じました。
分かりやすい説明をこころがけますので、患者さんもドクターの説明を拒絶せずに聞いて下さいね
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

452 食品の酸性に注意

子どもの歯は、お母さんのおなかの中にいるときからすでに成長を始め、生まれてからは、乳歯だけでなく永久歯も生える準備をします。
離乳食が始まるころ頃には、乳歯の後に生えてくる永久歯の事も考えた食事がしたいですね

永久歯の外側のエナメル質が作られる時期は、カルシウムやリン、ビタミンDが必要ですから、
牛乳や小魚、豆類、ひじき、シイタケ類などを摂り入れましょう

子どもの歯を守る為に砂糖の量だけでなく、酸性にも要注意
酸で歯が溶けてしまうことがあるからです。

酸性はPh(ペーハー)値で記されることがあるからです。

7が中性で数字が小さい程、酸性が高くなります。
例えば、飲み物ならコーラ(2.2)、スポーツドリンク(3.5)、野菜ジュース(3.9)なども酸性です。
食べ物ならレモン(2)やリンゴ(3)なども酸性が高くなっています。
ふつうは唾液で中和されますが、摂取頻度が多いと歯に良くありません。

飲食後は、できるだけ丁寧にお口の中を清掃することが大切です
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

451 歯に原因がない歯の痛み

歯の痛みを訴えて受診する患者さん。
その多くが、むし歯や歯周病などの歯周組織に原因があることから

「歯原性歯痛(しげんせいしつう)」

に分類されます。
歯原性歯痛は、歯科で治療することができます

しかし、歯の痛みの中に歯や歯周組織以外に痛みの原因がある場合もあります。

「非歯原性歯痛(ひしげんせいしつう)」

と呼ばれ、顔面の筋肉や、顔面を通る神経、片頭痛などなど原因は様々です。
なかにはうつ病など精神疾患に起因する場合も、、、

狭心症や心筋梗塞など心疾患が原因となっているケースもあり、歯科医院で診断が難しいことも少なくありません。
非歯原性歯痛の発生頻度を調べた2005年の研究によると、歯科の外来患者の6%で非歯原性歯痛が疑われたと報告されています。
近年では原因不明の歯痛を治療するため、歯科と以下が連携して診断する大学病院や施設もあります。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

450 口腔がんを早期発見するには?

口の中のがんの約6割歯舌にできますが、歯肉、頬の粘膜などにも発生します。
喫煙や飲酒習慣、口腔衛生状態が悪い人はリスクが高まります。
中高年の方は月1回のセルフチェックをお勧めします

セルフチェックでは唇や頬の内側、歯肉、舌全体を指で触れながら鏡で確認します。
その際

@白い斑点や赤い斑点
A盛り上がった出来物
B治りにくい口内炎や出血しやすい傷

などの有無やしこりの有無をチェックしてください。

また、顎の下や首の脇の腫れがあったり、飲み込むときに痛みがあったりする場合も注意が必要です
気になる部分があれば、早めにかかりつけの歯科医院を受診してください
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

449 力を入れ過ぎないで


「ほら、こんなにたくさん付いていますよ」


歯垢(プラーク)をピンク色に染める染色剤を使って鏡で磨き残しの状況を見せると、皆さん一様に驚かれます
中には、「しっかり磨いたのに……」とがっくり肩を落とす患者さんも。

歯みがきを字のごとく”磨く”ものだと思っていませんか?
本来の目的は歯ブラシを使ってプラークを物理的に取り除くことです
ゴシゴシ力を入れて磨くと、歯ブラシの毛先が広がってプラークをうまく落とせません
適切なブラッシング圧は約200mgと言われています。
一度、歯ブラシを持って測りで計測してみてください

ピンク色に染まった部分は磨きにくい部位でもあります。
注意しながら一本ずつ丁寧にブラッシングしてください
次に染色剤を使う時はピンク色に染めないでくださいね
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 11:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする