2019年03月13日

442 睡眠時無呼吸の治療は?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、眠っている間に気道が閉じたり、狭くなったりして

一時的に呼吸が止まる
呼吸が弱くなる
いびきをかく

などの症状を繰り返す病気です。
睡眠不足になると日中に眠気を起こし、重大な事故につながる危険性があります


肥満体系の人は首周りの脂肪で気道がふさがりやすいので、要注意
下あごが小さい人は舌の付け根が軌道に落ち込みやすい傾向があります。
また、扁桃肥大や過度の飲酒、睡眠薬の使用なども原因になります。

歯科では「スリープスプリント」と呼ばれるマウスピースによる治療方法があります。
睡眠時に装着して気道を広げます。
治療には内科や耳鼻咽喉科でSASの診断が必要になります
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

a@441 休薬は要注意


「歯がグラグラして、痛いから今日抜いてほしいです」

これはよくある旧菅さんですが、

「今日抜いてほしいので朝は血液サラサラにするお薬は飲みませんでした」

これはちょっと問題です


最近ではよっぽど薬が効きすぎている患者さん以外は、血栓などが出るリスクを考えると抗凝固薬などの休薬はせずに、
歯を抜くことが一般的になってきています。
それ以前に勝手に薬をやめてもいけませんし、そこまでひどくなる前に歯医者にかかってほしいものです。

予防のためにかかる習慣をつけると、歯科医院も気軽に通える場所になりますよ
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 17:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

440 医療費免除

領収書不要で手続きが簡単に


確定申告の時期(2/18〜3/15)が近づいてきました。
2018年から「医療費免除」の還付申告の手続きが簡単になっています。
自分や家族の為にに1年間(2018年1月〜12月)に支払った医療費が一定額を超えている人は忘れずに手続きをしましょう。

医療費控除の申告には従来、領収書の添付が義務付けられていました。
それが不要となり、加入している協会けんぽや健保組合、国保などから送られてくる

「医療費のお知らせ」

を添付することで代替できるようになりました。
あとは「お知らせ」意外の費用を医療費控除の明細書に記入すれば申請できます。

控除の対象は、、、

@10万円を超えて支払った医療費
A所得金額の5%を超えて支払った医療費

でどちらか少ない額です。
給与収入311万円以下の人や、65歳以上の年金収入320万円以下の人は医療費が10万円以下でも控除できますので、
忘れずに還付申告してください。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

a@439 口の中がヒリヒリ痛む それ口腔カンジダ症かも


健康な人の口の中には約500〜700種類の常在菌がいると言われています。
その常在菌の一種「カンジダ・アルビカンス」は、時に悪さをすることがあります

カンジダ菌は普段、ほかの菌と共存しています。
しかし、加齢やステロイド薬の使用、糖尿病、化学療法などで体の免疫力が低下したり、
唾液量が減ったりしたときに増殖することがあります
それが口腔カンジダ症を引き起こします。

症状は、舌や頬の内側などに赤い斑紋が出来、ヒリヒリと痛むのが特徴的です。
痛みがあまり出ずにしたが真っ白になる白斑型や口角炎ができることも。
味覚障害が出ることもあります。

また、入れ歯の清掃が不十分になっているとカンジダ菌の増殖を招きます。
「入れ歯が当たって痛い」と訴えていた患者さんが実は、口腔カンジダ症だったということもあります。

口腔カないを清掃し、抗カンジダ薬を使えば治りますので、気になる方はご相談ください












posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

438 知覚過敏はなぜ起こる?

冷たいものや熱いものを食べると歯がしみて痛い

知覚過敏は、成人の3分の1が経験するといわれる身近な歯のトラブルです

知覚過敏の症状は、歯の一番外側の層であるエナメル質が何らかの理由で傷ついたり摩耗したりした結果、
象牙質が露出することによって発生します

象牙質がむき出しになると、冷たい飲み物などによる刺激が象牙質の内側にある神経に伝わり、鋭い痛みを感じます。
エナメル質が傷つき、摩耗してしまう理由は強い力で歯みがきしていたり、
歯ぎしりやかみ合わせが悪かったり、患者さんによって様々です。

その原因や症状に応じた治療が必要になりますので、
歯がしみて痛いと感じたら

かかりつけの歯科医師に相談しましょう
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 11:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

437 年始の患者さん


年始はのんびり診療を、、、

そう思っていても、忙しくなるのが仕事始めです。

「正月に羽目を外し過ぎて前歯を折った」 「餅を食べていたら被せ物が取れた」

「久しぶりに会った孫と遊んでいたら頭突きをくらって歯が欠けた」   など、、、、

普段はあまり聞かない理由で患者さんが来られます

来院が重なると初日の朝は大忙し

差し歯が取れたとゆう60代の女性は「見た目だけでのすぐに治して」と慌てた様子。

聞けば帰省した息子夫婦・孫と家族写真を撮る予定だとか。
急いで処置して見送るうちに正月気分もどこかに飛んでいきました



posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

436 「8020運動」30周年

80歳で20本以上の葉を保持しよう

高齢者の口腔保健向上のために歯科関係者が主体となり、国とともに推進してきた「8020運動」は、今年で30周年を迎えました

構成労働省の調査によると8020達成者は、運動に取り組み始めた1989年には7%前後でしたが、
2005年には24.1%、2011年には40.2%、2016年には過去最高の51.2%を達成

国民の口腔ケアへの意識は向上し、現在では80歳の高齢者の半分以上が、20本以上の歯を維持するまでに至りました

国民の口腔保健はこの数十すねんで大きく改善しています。
しかし、まだまだ道半ば。
歯は残っているものの、むし歯を有する高齢者の割合は増えています。

セルフケアが難しい高齢者の口腔ケアをどうするのか。

歯を失う最大の原因であり、30〜50代で8割が罹患する歯周病にどう立ち向かうか。
まだまだ課題が山積みしています

自分の歯で噛んで食事することは元気で長生きするためにとても重要なことです
健康長寿社会に向けて、さらなる取り組みが求められています
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

435 セルフケアとプロフェッショナルケア

口腔内のケアには、自分自身で行うセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルケアがあります


セルフケアとは、主に毎日の歯みがきの事で、口腔機能を維持するためによく噛んで食べることなども含まれています

プロフェッショナルケアとは、口腔内を健康に保つための様々な指導や、歯石を取り除くスケーリング、機械で歯の清掃を行うPMTC、
汚れを付き難くするフッ化物塗布などです。

皆さんも経験があると思いますが、自分ではしっかり歯みがきしたつもりでも食べかすやプラーク(歯垢)が残ったりすることがよくあります。
歯と歯の間、奥歯の付近など歯ブラシを当て難くい、患者さん自身では難しい口腔内のケアは、プロである私たち衛生士にお任せください

むし歯は、年々、減ってきていますが、依然として多くの方が歯周病にかかっています。
そうした歯周ケアも私たちの仕事です。
ぜひ気軽にご相談ください
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

434 フッ化物って何?

最近では多くの、歯磨き剤に配合されるようになった「フッ化物」(フッ素)。
自然界にも存在する元素の一つですが、その働きを」知らない人も多いのではないでしょうか。
フッ化物の虫歯を防ぐ効果をご紹介します

フッ化物の3つの効果

・歯を強くする
 歯の表面部分(エナメル質)に取り込まれたフッ化物は歯質を強化し酸に強くします。

・歯を修復する
 酸によって溶かされたエナメル質が修復のためカルシウムなどの成分を結びつく働きを促進します。

・むし歯の働きを抑える
 フッ化物がむし歯菌の活動を邪魔して、酸を作る働きを抑えます。

フッ化物の利用方法として
フッ化物を歯に塗る
フッ化物で口を洗う
フッ化物入り歯磨き剤を使う
などが一般的です。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

433 ブラッシング法

毎日しっかりと歯みがきしているつもりでも、意外と磨き残しが多いものです。
しっかりとプラーク(歯垢)を落とすにはテクニックが必要です

ブラッシングの基本は

歯ブラシの毛先を紙面に当てる
歯ブラシの毛先が広がらないように軽い力で磨く
5〜10ミリ程度の幅で小刻みに動かす

ことです。
鏡を見ながら1本ずつ丁寧に磨いて下さい

プラークが残りやすいところは、歯と歯の間や、歯と歯肉の境目、奥歯の噛み合わせの部分など。
歯面に毛先が当たるよう、歯ブラシの角度を工夫しながら磨いてください
歯間ブラシなどを使うことも効果的です。


また、毛先が傷んで広がった歯ブラシはプラークを落とす効果が4割減少するといわれています。
交換のタイミングにも気を付けて下さいね
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする