2016年07月22日

No.380 アンケートのご協力ありがとうございました!!


先日は、アンケートにご協力頂き、ありがとうございました。
189名(記名:128名 無記名:61名)の方に記入して頂き、
善い点 316件 改善点 58件 を頂きました。
これらを集計し、以下のようにまとめました。
患者様の貴重なご意見をもとに、これからもスタッフ一同精進してまいります。


〈良い点〉

●クリニックの環境に関する良い点 (10件)
・明るく清潔感のある待合室
・窓が大きく開放的。景色も良い
・処置台の環境
・クリニックが綺麗、癒やしの空間
・音楽(オルゴール)がリラックスできる

●スタッフの接遇に関する良い点  (270件)
・丁寧、優しい、安心、親切、話しやすい、接客、
 挨拶、雰囲気、気配り、笑顔、熱意、声掛け、穏やか、信頼できる
・すぐに対応してくれる
・相談、説明をしっかりしてくれる

●治療に関する良い点  (20件)
・痛みが少ない
・的確、最新の医療
・歯石を丁寧にとってもらえる
・歯を残してくれる
・治療方針を押し付けない

●治療システムに関する良い点  (16件)
・待ち時間が少ない
・予約制、担当制
・予約が取りやすい
・一度に多くの治療をしてもらえる
・情報が伝達している


<改善点>

●電話対応に関しての改善点
・電話が繋がりにくい
・電話の声が聞き取りにくい

(お答え)
 ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
 全スタッフで今後、指導教育を徹底して患者様のご要望にお答えできるよう、
 努力いたします。

●予約に関しての改善点
・予約がとれない
・完全予約制は利便性が悪い

(お答え)
 ご予約に関してご迷惑をおかけして申し訳ございません。
 特に夕方の時間帯、土曜日はご希望の患者様が多く大変こみあっております。
 治療内容によっては、まとめてご予約をお取りするなど様々に工夫もしておりますので、
 ご相談頂ければ幸いです。また、適宜改善策を検討しております。
 ご理解の程、宜しくお願い致します。


●スタッフの接遇に関しての改善点
・受付対応、座ったままの会計
・一部のスタッフで雑な処置をされる、技量に差がある
・器具で口唇を押さえる時に痛い、唾液吸引をもう少し考慮してほしい
・担当ドクターの名前が分からない

(お答え)
 様々なご意見をありがとうございます。
 患者様に対して冷たい、雑といった印象を与えてしまい誠に申し訳ございません。
 全スタッフ、指導教育を徹底して行ない、優しい心、優しい手、優しい対応を更に心がけて参ります。

●クリニックの設備環境に関する改善点
・古いチェアのほこり、器材の汚れ
・入り口が分かりにくい
・立駐以外の駐車場を増やして欲しい
・ウォーターサーバーを設置してほしい

(お答え)
 様々なご意見をありがとうございます。
 院内環境に関しましては、朝、昼、診療後の清掃、
 各機材の完全滅菌を行っておりますが、ご指摘頂いた点を反省し、
 患者様にご不快ご心配をおかけすることのないよう、さらに努力してまいります。
 駐車場、ウォーターサーバーに関しましては、検討中でございます。


●診療内容に関する改善点
・治療時間が長い、
一度にたくさん進めてほしい
・治療した歯に刺激が残る
・受付と診療側との連携
・お子様への声掛け

(お答え)
 様々なご意見をありがとうございます。
 治療内容に関しましては、担当歯科医師、歯科衛生士が責任をもって進めており、
 ケース・バイ・ケースに て治療時間、治療期間が変わってまいります。
 ご不明な点はぜひスタッフに質問相談をなさって下さい。
 患者様が完全に納得ご理解頂けるよう誠心誠意対応して参ります。


posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 09:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

379 歯ぐきの変化を鏡でチェック

 皆さん、歯みがきの時に鏡でお口の中をチェックしていますか?

 チェックする時はどこをみがいていますか?

実は、”歯ぐき”にもブラッシングのヒントが隠されています。

 健康な歯ぐきはピンク色で硬く引き締まっています。
しかし、ブヨブヨと膨らんでいたり、ブラッシングで血が出てきたりする所は要注意
プラークがたまりやすい目印です
歯ブラシの毛先を意識的に当てて、丁寧にみがいてくださいね

 また、歯ぐきに擦り傷や切れ込みなどの傷がある所や、部分的に歯ぐきが下がっている所は、歯ブラシが強く当たっている目印です。歯ブラシを軽く持って、小刻みにやさしく動かすようにみがいてください。

 しっかりブラッシングできていると、歯ぐきが健康的な状態に変わってきます。

鏡でチェックしながら、変化を確かめてくださいね
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 19:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

NO.378 歯が抜けたままにしておくと…

 皆さんの身近に「まだ噛めるから」「痛みがない」と言って歯が抜けたまま放置している人はいませんか。「1本ぐらい歯がなくても…」は大間違い。治療を受けずにそのままにしておくと、次々と歯が悪くなる原因になります。
 例えば、下あごの奥歯が抜けてしまったケース。反対側で噛むことができるので、治療を後回しにする人がいます。一方の側だけで噛み続ければ、残った奥歯を酷使することになり、深刻なダメージを与えてしまいます。

抜けたところに隣の歯が傾いてきたり、歯に隙間ができたり、噛み合わせにも変化が起こります。
噛んだ時に過度な負担がかかり、歯ぐきや骨を痛めつけることで歯周病になりやすくなります。顎の関節に支障が出ることも。

歯ぐきがやせ細れば入れ歯が安定しづらくなり、顎の骨が薄くなれば、インプラントも難しくなります。
食べ物が十分に噛めなくなることで、消化・吸収にも悪影響を及ぼします。

「気づいた時にはもう手遅れだった」なんてことにもなりかねません。
歯が抜けたら放置せず、早めに治療を受けてくださいね
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 14:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする