2016年09月13日

384 Q:SPTってなんですか?

 
A:歯周病治療によって病状が安定した歯周組織を維持するために行われる治療のことです。

 
 一般的に3カ月ごとに来院し、病状の管理を行いますSPTの間隔は、患者様の口腔状態や病状によって1カ月の場合もあり、2カ月、3カ月と延ばしていくこともあります


 ご自宅のセルフケアでは、頑張ってブラッシングをしても、プラーク(歯垢)は半分程度しか取れていないといわれます。


 歯科医療ではSPT治療で、フロス(糸ようじ)なども併用したプラークコントロール、歯石除去、咬合調整などのプロフェッショナルケアを行います


 歯周病は成人が歯を失う一番の原因です
 歯と歯ぐきを健康な状態に維持していくため、3〜6カ月ごとの定期的なメンテナンス受診もお勧めです!(^^)!

 

posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 15:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

383 副作用で歯ぐきに腫れ

歯ぐきに腫れで来院された患者さん。
歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)に、
溜まっていた歯石を取り除く、歯周治療を行いました。
ここまでは、よくあるケース

その後は、自宅でしっかりブラッシングをおこなっていたそうです。
ところが、なかなか歯ぐきの腫れが引かないため、再来院されました。
お聞きしたところ、高血圧の薬を服用中とのこと。

歯ぐきの腫れは血圧を下げる薬の副作用の一つとされています。
定期的な受診で経過を観察することになりました。

降圧剤以外にも、お口の中に関係する副作用を起こすものがあります。
服薬されている場合は、歯科医師やスタッフのお知らせください

高血圧治療に使われる降圧剤には、様々な種類があります。
ご自身で判断せず、かかり付けの医師にもご相談ください

posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 14:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする