2016年12月19日

No.390 象牙質知覚過敏症とは

 冷たいものや熱いもの、または甘いものを口に含んだり、歯を磨いたときにチクッと痛みを感じることがあります
このような症状を「象牙質知覚過敏症」といいます。


 原因は、歯周病(歯ぐきの病気)や加齢で歯ぐきが下がり、歯の根元が露出してしまうことなどが考えられます。

 歯の表面には、エナメル質といった外からの刺激を防ぐ役割をしている組織がありますが、歯の根元にはありません。
そのため、歯髄(神経)が刺激され、「しみる」ような痛みを招きます。


 また、間違った歯磨きが原因となることもあります。
「一生懸命磨こう」と思い、力を入れすぎたり、歯磨き剤の使いすぎで歯が摩耗したりすることもありますので、注意してくださいね


 一度下がってしまった歯ぐきは、残念ながら元には戻りません。
処置としては、薬を塗布したり、レーザー照射やプラスチックでカバーして刺激が伝わらないようにします

 それでも症状がひどい場合は、歯の歯髄(神経)を処置し、痛みを取り除きます。


 症状が軽ければ、歯みがきの方法で改善することもあります
歯垢をつけておくと、ますます進行しますので、毎日ていねいにブラッシングしてくださいね
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 17:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.389 歯みがき剤

 子供の歯磨きは前歯が生えそろった頃から始めますが、
今回は歯磨き剤のことをご紹介します


 歯磨き剤の形状として、ペースト状(一般的)、ジェル状、
フォーム状、液状と種々あり、その昔は歯磨き粉といって粉もありました。
 

 歯磨き剤の効果は子供の場合は主に「むし歯の発生と進行の予防」です
また、成分については基本成分が研磨剤、
発泡剤、香味剤等で、薬効成分はフッ化ナトリウムです。
 

 子供の歯磨き剤は、いちごやりんご、メロン味等があり、甘くなっています
この甘さはサッカリンナトリウム等で、むし歯にはなりません
薬効成分のフッ化ナトリウムは医薬部外品として、位置づけられていて、
一般的にはフッ素と言われています
フッ素の作用で、むし歯になりにくい丈夫な歯を作ります


 お水を吐き出すことができるようになったら、
歯磨き剤を使ってみませんか
また、歯磨き剤を選ぶとき、市販品と歯科医院非売品との違いですが、
専売品の方が研磨剤も少なく、低発砲なのでお勧めです


 
 
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 11:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする