2017年05月17日

No.399 歯や顎に大きな負担をかける噛みしめ・歯ぎしり

 本来、上下の歯が接触するのは、食べ物を咀嚼する時と飲み込む時くらいで、
一日の接触時間は3分程度といわれています。
しかし、実際はほとんどの人が噛みしめ・歯ぎしりをしています。💦
一昔前までは「原因不明の無用な悪い癖」とひとくくりにされていましたが、
最近の研究では、必ずしも悪癖とは言えないことがわかっています。
 噛みしめ・歯ぎしりは日常のストレスや不安などによって引き起こされると言われており、
精神的な緊張状態や不安をやわらげる効果が指摘されています。
つまり、ストレスから体を守り、病気を未然に防ぐ作用があるということです。
 だからと言って、放置していいわけではありません❗
噛みしめ・歯ぎしりを放置すれば歯牙の摩耗や破折を引き起こし、象牙質知覚過敏症の原因となります。
とくに、睡眠中の歯の嚙み合わせでは、意識して噛む力の6倍もの力が歯に加わり、歯のみならず顎関節にまでダメージを与えることもあります歯根部が破折すれば、即抜歯につながるために警戒が必要です
 これを防ぐにはセルフコントロールしかありません。
精神的・肉体的なストレスをなるべく減らし、過緊張な状態をつくらないように努めましょう。身体に無理をかけず、睡眠時間を十分にとることが重要です💤。
また、唇を閉じ、上下の歯を合わせないようにして顔の筋肉の力を抜くトレーニングも効果的です。
 希望者には、就寝時に歯を守る装置として、マウスピースをお勧めしています。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 18:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

No.398 口腔ケアグッズ紹介

 
 歯のお手入れにデンタルフロスや歯間ブラシを使用する方は多いと思います。
しかし、ブリッジやインプラントを入れている場合、一般のフロスなどでは汚れが取りきれないことがあります。

 ブリッジの土台となる歯の隙間や、インプラント周囲の汚れをより効果的に取れる器具があります
それが『スーパーフロス』です

 スーパーフロスは普通のフロスと違い、はじめから1本ずつ使いやすい長さにカットされています。
また、歯と歯の間に通しやすいよう、フロスの両端が硬く加工されています。
真ん中にはスポンジが付いており、効率よく汚れが取れるようになっています。

 ブリッジやインプラントを入れている場合など、歯ぐきと歯の間に広い隙間のある方に効果的です
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 12:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする