2017年08月17日

No.405 子どもの歯にやさしい歯磨剤選び

 最近は、乳幼児用の歯磨剤も味や香り付きなど様々な種類が売られています。乳幼児用の歯磨剤を選ぶポイントは3つです。

フッ化物添加
 フッ化物は歯を強くし、むし歯予防に効果があります。初期むし歯(白濁)の修復(再石灰化)に効果的といわれています。

低研磨剤・無配合
 成長途上にある乳幼児の歯は、繊細です。研磨剤が多いと歯を傷つけるのでNGです。

低刺激・低発砲
 清涼剤などで刺激の強いものを嫌がる子どももいます。発泡剤は磨いたような気になってしまうので控えめにしましょう。
 甘味料にはむし歯菌を減らしてくれるキシリトールがおすすめです。キシリトールは白樺や樫の木などから取れる天然の甘味料です。国内の歯磨剤は、飲み込んでも問題のないよう基準が課せられています。基本的に乳幼児でも安心して使えます。

使用する時期
 乳歯が6本くらい生えたころからが目安です。

頻度
 3歳くらいまでは、ほんの少量を仕上げみがきの時に使います。
 3歳以上は毎歯みがき時に、フッ化物を完全に流さないよううがいは1回だけにします。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 11:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

No.404 「ブリッジ」を入れてから口臭が…

 ブリッジとは、歯を失った時に両隣の歯を削り、橋(ブリッジ)をかけるように代わりとなるダミーの人工の歯を入れて、抜けた歯を補う治療方法です。
保険が効く一般的な治療です。
 ブリッジは入れ歯のように自分では取り外しができないため、安定感があります。
一方で、「においが気になる」という方が少なくありません。
 においの原因は、構造上プラークなどの汚れがたまりやすいことにあります。
しかし、適切にお手入れをすれば、汚れもたまらず、歯周病予防にもなります

 磨き方のポイント
ブリッジの磨き残しが多い場所は次の3カ所です。
ていねいにブラッシングして下さい
 @ダミーの歯の下
 Aダミーの歯の両隣の歯の連結部
 B両隣の歯の被せものと歯肉の間

 歯間ブラシやフロス、ワンタフトブラシの併用が効果的です

 放置で新たなトラブルに
 「磨きにくいのであれば、ブリッジを装着しない方が良いのでは?」と考える方もいるのではないでしょうか。
 歯を失ったまま長く放置していると、見た目が悪いだけでなく、新たなトラブルの原因になります。歯が抜けたスペースに隣接する歯が傾倒したり、噛み合う相手の歯が伸びてしまうことが少なくありません。
放置は、連鎖的に歯が抜ける原因にもなります。早期の治療をおすすめします。

 ※保険でブリッジが行えるかどうかは、抜けた場所によって異なります。部分入れ歯の処置が必要になる場合もあります。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 16:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする