2017年12月16日

No.414 子どもの歯肉炎

 学校の歯科検診で歯肉炎と診断されたことはありませんか?
 歯肉炎は細菌の塊、プラーク(歯垢)が歯ぐきの炎症を引き起こす病気です。
歯周病の始まりといわれており、放置すると、歯周炎、歯槽膿漏と重症化していきます。
子どもの歯肉炎が重症化することは稀ですが、大人になってから歯周病にならないために意識的に予防することが大切です。
 歯肉炎の予防には、ブラッシングでプラークをきちんと取り除くことが効果的です
歯ぐきが腫れているときは少しやわらかめの歯ブラシを使用し、毛先を歯と歯ぐきの境目に当てて、軽く振動させる磨き方をします。
また、乳歯と永久歯の交換期は凸凹しているので、うまく歯ブラシが当たらないため、注意が必要です。
保護者がお子さんの口の中を見て、磨き残しがないかを確認してあげましょう
いくら一生懸命磨いていても「うまく磨けていない」場合があります。
歯科医院で相談して、正しいブラッシング法を身につけましょう。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

No.413 プラーク(歯垢)ってよく聞くけど何ですか?

 プラークは白っぽいクリーム状のもので、糊のような粘着性で歯の表面にくっつきます。特に歯ぐき沿いや歯と歯の間、歯の溝によく溜まります。
 プラークを食べ物のカスだと思っている方も多いと思いますが、実際は細菌の塊です。
プラーク1mg中の細菌数は約10億といわれており、むし歯や歯周病の原因となる菌を多分に含んでいます。
 お口の中の健康を守るためにはプラークをしっかりと取り除く必要があります。
プラークは歯にべっとりとくっついているので、口をゆすぐだけでは取り除くことはできません。歯ブラシとデンタルフロスなどを使って丁寧に取り除き磨き残しがないように日常のケアをして下さいね。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 15:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする