2018年02月19日

No.418 ドライマウスの対処法

 口の中が粘つく、口臭が気になる、口内が乾燥するなどの症状はありませんか?


 加齢などの影響で唾液量が減る「ドライマウス(口腔乾燥症)」が疑われます。最近では高齢者だけでなく、不規則な食生活やストレスなどの影響で中高年の方も増えています。
 ドライマウスの原因には加齢の他に糖尿病、腎不全などの内疾患、内服薬の副作用など様々です
ドライマウスによって唾液の分泌量が減ると、唾液のもつ浄化・再石灰化などの働きが弱まります。そのため、むし歯になりやすかったり、口臭がきつくなることがあります
入れ歯が密着せず、装着感が悪くなることも。


 ドライマウスを改善するためには、▽よく噛んで食事をする ▽デンタルリンスや保湿剤を使用する ▽適度に水分を取る ▽薬を変更、調整する など原因に応じた対処法が求められますここでは簡単な唾液線マッサージを紹介します。
@4本の指を頬に当て、上の奥歯あたりを後ろから前に向かって円を描くように10回刺激します。 

A親指をあごの骨の内側のやわらかい部分に当て、耳の下から顎の下まで5カ所を順番に左右10回ずつ押し当て刺激します。

B両手の親指をそろえて、顎の真下から突き上げるように、10回ゆっくりぐ〜っと押し刺激します。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 16:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

No.417 今、何を後悔していますか?

 先日、10年以上定期的に歯の健診を続けておられるご年配の患者さんから、
ある雑誌に掲載されたアンケート記事について教えてもらいました
定年前後の男女を対象に、「今、何を後悔していますか?」と尋ねた内容だったそうです。
健康面の後悔では「カラダを鍛えればよかった」
「なんでも相談できる医師を見つけておけばよかった」を抑えて、
「歯の定期健診を受ければよかった」が1位ということでした。
 その患者さんは「若いうちから定期健診に来ていてよかった。同世代の友人のみんなは歯がなくなって困っている」と話してくれました。
男女問わず平均寿命が 80歳を超えているこの時代、歯の寿命が先に終えてしまうと老後が寂しいものになるかもしれません。定期健診に来て歯の健康を守りましょう
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする