2018年03月12日

420 歯磨剤の選び方

スーパーや薬局にはたくさんの種類の歯磨剤が並んでいます。
歯磨剤を選ぶときは表示された成分を参考にしてはいかがでしょうか。

歯質を強化しむし歯を予防する目的なら「フッ化ナトリウム」や「物フルオロリン酸ナトリウム」が入ったものを。知覚過敏の方は「硝酸カリウム」や「乳酸アルミニウム」入りを試してみてください

歯の摩耗が進んでいる方や電動ブラシをお使いの方は、研磨剤無敗豪の製品がお勧めです。
歯周病が」気になる方は細菌・消炎・血行促進作用のある成分が含まれているものが良いでしょう

多くの歯磨剤には清涼剤や発泡剤が配合されています。
つけすぎると泡立ちや清涼感が出るため、磨いた気になってしまうので注意しましょう。
使用量の目安は豆粒程度と言われています。

どの歯磨剤を使うにしても、丁寧なブラッシングが大切です。
一本一本しっかり磨いて下さいね

歯磨剤の選択に迷う時は担当の歯科医師や歯科衛生士に相談してください

posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

No.419 定期健診のススメ

 2年ぶりに定期健診に来られた50代の患者さん。
お口の中を見てみると、大きなむし歯が判明。診断結果を伝えると
「違和感はあったんだけどね。もっと早く来ておけばよかった」とポツリ。
異変に気付きながらも、大丈夫だと思い込んで放置していたようです。
歯の神経を治療するため、数回通ってもらうことになりました
 定期健診に訪れた人はよく「来てよかった」と言って下さいます。
むし歯が見つかっても、初期の段階なら経過観察や少しの治療で終えられるからです。
早期発見ができれば医療費も安く済みます
 患者さんが「受信しておけば」と後悔することのないよう、「定期健診の大切さをもっと伝えよう!」と改めて思いました。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 16:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする