2018年04月16日

No.422 う蝕リスクに沿った予防方法

 毎日2〜3回歯みがきをしていてもむし歯になりやすさ(う蝕リスク)は人によって異なります。
むし歯の発生はブラッシングだけでなく、食生活や唾液・歯の質にも左右されるからです。
 基本的な予防法は@ブラッシングでむし歯菌を減らすA砂糖の摂取量を減らすBフッ化物で歯を強くする―の3点ですが、それでもむし歯ができやすい人は要注意う蝕リスクが高い可能性があります
下記に沿って食生活を改めて見直すと良いでしょう。

▶間食の回数を減らし、ダラダラ食いはやめる
▶砂糖を多く含むジュースやスポーツドリンク、缶コーヒーなどは控える
▶甘いものが食べたくなったらキシリトールなどの代用糖を使用したものにする
▶アメやキャラメルといった口の中に長く残るお菓子は避ける
 
フッ化物配合の歯磨剤でブラッシングした後は、ゆすぎ過ぎないこともポイントです。スウェーデン式の「イエテボリ法」ではフッ化物を口の中に残しておくため、歯みがき後は10_リットルほどの少量の水で1回だけゆすぐことが効果的としています
 また、歯科医院で高濃度のフッ化物を塗布することや、セルフケアで低濃度のフッ化物を毎日塗布することも有効です。気になる方は一度ご相談ください
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 16:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

421 ブラッシングは歯ブラシだけで十分?

歯ブラシだけでも歯の表面はきれいになりますが、完璧には磨けません

歯ブラシの毛先が届きにくい歯と歯の間や、歯と歯肉の間にかなりの量の歯垢(プラーク)が残っています。
デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシといった清掃機具を使って取り除く必要があります

歯と歯の隙間が狭い部分にはデンタルフロスを、隙間が広い部分には歯間ブラシを使いましょう。
慣れるまでは鏡を見ながらゆっくりと磨いて下さい。

どちらも誤った使い方をすると歯肉を気づつけたり、歯肉が下がって隙間が大きくなったりしてしまいます。
使用する際は歯科医院で使い方やサイズを尋ねてから始めると良いですよ
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 16:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする