2018年07月18日

No.428 良い歯並びをつくる



 歯並びや噛み合わせが悪いと、見た目や発音の問題だけでなく、磨き残しが多くなり歯周病やむし歯になりやすくなります
歯並びは遺伝による影響もありますが、食生活や悪癖による影響も少なくありません。



 よく噛む習慣を
顎の骨が成長している子供の時期には、特によく噛んで食事をすることが大切です。
乳歯には顎の成長を促す働きがあり、顎のラインで顔の形が決まります。顎がしっかり成長しないと、永久歯が生えるスペースが足りなくなり、悪い歯並びの原因になるのです。
ハンバーグや麺類など軟らかいもの、噛まなくても食べられる食事が多いと、顎は十分に発達できません。



 悪癖をなくす
指しゃぶり/噛み癖
過度の指しゃぶりや、5歳を過ぎての指しゃぶりは歯並びに悪影響を及ぼす可能性が高くなります。
おしゃぶりやタオルを噛む癖も歯並びの悪化の原因になります。4歳ごろまでにはやめられるようにしたいですね
 ただし、指しゃぶりや噛み癖には様々な原因があると言われています。
無理やりやめさせようとすると、大きなストレスになることもあるので、子供に寄り添った対応をしたいものです



 頬づえ
5〜6歳ごろから出やすく、無意識にやってしまいます。癖があることを伝え、意識的に減らせるようになることが大切です
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 11:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

427 親知らずは抜歯すべき?


親知らずの生える方向が悪かったり、炎症を繰り返しているような場合は、抜歯することが適当と考えられます。
親知らずが正常に生えていれば、比較的簡単に抜歯できます。

しかし、歯の大部分が埋まっていたり、歯の根の形が複雑な場合、かなり注意と手間を要します。
抜歯する場合、腫れて痛みが出ている状態だと麻酔が効きずらい為、後日、炎症が収まってから抜くのが一般的です。

親知らずは、あってもなくても良いから抜いてしまうのは、乱暴な話です。
正常に生えて機能している場合は抜く必要はありません。
隣接する奥歯うを失っている場合など、その部分を補うブリッジや入れ歯の土台に利用できるため、残しておいた方が良いこともあります。
抜くメリットとデメリットについて歯科医師と十分に相談されてから決断してください。

posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 13:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする