2020年03月16日

475 経済的不安なく受診するために


妊娠すると体の変化ともない、さまざまな症状が起こります。

歯科ではホルモンバランスやつわりなどにより、むし歯や歯周病が悪化しやすくなります

特に歯周病は早産や低体重出産のリスクを高めることが明らかになっています
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

474 スウェーデンの歯科医院における患者の医療費負担は?


スウェーデンでは23歳以下まで、無料で歯科治療を受けることができます
子どもの口腔内の健康は本人ではなく、親の知識で左右されるため、健康格差が生じないように国が責任を持つという発想です。
日本では保険適応外となっている矯正も無償で受けることが出来ます

24歳以降は、鹿を受診すれば医療費は全額自己負担になりますが、年齢や疾病に応じて国からの補助金が支給されます。
また、年間の上限金額を超えた医療費については、排除する制度があります。

その他、疾病リスクに応じて保険料が決まる任意保険制度があり、保険に加入していれば国から保険金が支払われる仕組みもあります。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 13:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする