2020年04月10日

477 子育て支援のバロメーター



妊産婦医療費助成がある市町村はまだ

”少数派”

ですが、、、、
子育てしやすい自治体を見極める一つのバロメーターにもなっています


皆さんの地域はいかがでしょうか。

全ての妊産婦が分け隔てなく安心して受診・治療できるように全都道府県で同制度の創設が求められています
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

476 継続的な治療が不可欠


健康的な赤ちゃんを産み、育てるには病気の早期発見と継続T京奈治療がかかせません

そんな時、問題になるのが治療費です。
何かと出費が重なる出産前後。
金を心配して受診をためらう人も、、、

経済的な不安なく受診できる環境をつくろうと

「妊産婦医療費助成制度」に取り組んでいる自治体があるのをご存じでしょうか

同制度は妊産婦が主人↓内科や歯科などの治療費を補助する仕組みで全国では岩手・茨城・栃木・富山の4件全域と一部の市町村が実施しています。
制度内容は自治体ごとに異なり、医療機関での妊産婦の窓口負担は「無料」や「500円」などと設定しています
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする