2006年06月10日

気になる歯並び

「矯正した方がいい」と言われたが、少しでも歯並びがよくなるように家庭でできることはないですか?との質問がありましたひらめき
「歯並びが悪い」というのはアゴの発育状態とそこに並ぶ歯の大きさ・本数との相違で5人掛けのいすの6人座ろうとすると窮屈な状態ににていますふらふら
歯並びを悪くする癖があり、指しゃぶりをはじめ、ほおづえをついたり、爪をかむ子、鉛筆をかんだり、常に口を開けて息をする子など日常的な悪い癖もからんでいますので気をつけて下さい。
また、乳歯が早く抜けたり、虫歯で大きくかけたりするとそのスペースに歯が倒れてきたりします。更に、なかなか抜けっずに残ってしまうと下から生えてくる永久歯が頬側や下側にずれて生えてくるなど、日頃からの注意よ早期発見、早期治療ど防げる場合もあります。
アゴの発育時期、男(〜19歳まで)女(〜16歳まで)の期間なるべくこれらの点を注意して、噛み後ごたえのある食べ物に心がけていただきたいですね手(チョキ)
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 14:52| 歯並び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする