2007年04月10日

そしゃく能力〜栄養摂取の量にも影響〜

 そしゃくする能力と栄養摂取には深い関係があるようです目
 東京都老人総合研究所の行った調査によると、そしゃく能力が低い人は、高い人に比べて緑黄色野菜以外の野菜や乳製品、豆類、肉類、卵類、油脂類の摂取量が少なく、逆に砂糖・菓子類の摂取が増え、結果としてビタミンや鉄分、カルシウム、脂質、タンパク質、エネルギーのすべての栄養摂取量が減少してくるそうですあせあせ(飛び散る汗)
 うまくかめないと、食べられる物の種類が減り、結果として柔らかい物、高カロリーの物を中心とした食生活に変化するのでしょうがく〜(落胆した顔)
 そしゃく能力低下の主な原因としては、まず歯周病で歯が動揺している場合、そして義歯を作っても使っていない、または義歯が合わなくてよくかめない場合などが考えられますたらーっ(汗)長年うまくそしゃくできていない場合、かむ筋肉自体の筋力が低下している可能性もありますふらふら
 食べることは人生の楽しみのひとつでもありますから、何でもおいしく食べられて、いつまでも元気でいたいものですわーい(嬉しい顔)ひらめき
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 10:59| 食育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする