2017年10月03日

No.408 舌ブラシ


 歯みがきは毎日していると思います。歯だけではなく、舌にも汚れが付くことをご存知ですか?

 健康な舌であっても少し白くなっています。この白い汚れを『舌の苔』と書いて『舌苔(ぜったい)』と言います。舌苔がべったり付きすぎていると口臭の原因になります。
 舌を清潔に保てるように、舌専用ブラシの使用方法や注意点を紹介します。

 まずは、舌の奥の方にまで舌苔が付いているか鏡で確認してください。
舌ブラシを舌の奥から手前にこすります。この時、舌ブラシをゴシゴシ前後に動かさないように注意してください。必ず奥から手前に動かします。
力を入れず、軽く当て、3〜5回を目安に動かしてください。こすり過ぎると舌を傷付けてしまうので注意してください。

 気になりだすと1日に何度もしたくなると思いますが、舌のお掃除は1日1回程度にしてくださいね
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 11:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする