2017年11月15日

No412 世界初の歯周組織再生医薬品「リグロス」

日本人のおよそ7割が罹患していると言われる歯周病。進行すると歯ぐきが腫れ、歯がぐらぐらしてぬけてしまいます。現在では歯を失う原因の第1位は歯周病といわれています。
 そんな歯周病に対して画期的な薬が開発されました。2016年9月、厚生労働省の承認を受けた歯周組織再生剤「リグロス」です。
 歯周病は、細菌の塊であるプラーク(歯垢)が歯と歯ぐきの間にたまり炎症を起こすとことで、歯を支えている骨などの歯周組織を破壊さす病気です。このプラークは、歯石という固い付着物とともに歯の根の面にくっついています。
 「リグロス」を使った歯周組織再生療法では、まずこの歯石をきれいに取り除くために歯ぐきをめくります。これを「フラップ手術」といいます。きれいになった根面に「リグロス」を塗布します。その後、めくった歯ぐきを元に戻して糸で縫います。
 初期の歯周病は歯磨きと歯石除去で治りますが、ぐらぐらになって今にも抜け落ちそうな重度の歯周病では抜歯せざるを得ません。「リグロス」を用いた再生療法は、その中間にあたる中等度の歯周病に対して効果の高い治療法として期待されています。
 これまで歯周組織再生療法で使用できた薬剤は海外からの輸入品で、保険診療では使用できませんでした。この「リグロス」は保険診療で用いることができる薬剤であり、今まで経済的な問題で再生療法を選択できなかった歯周病患者にとっては福音です。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 15:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする