2018年03月01日

No.419 定期健診のススメ

 2年ぶりに定期健診に来られた50代の患者さん。
お口の中を見てみると、大きなむし歯が判明。診断結果を伝えると
「違和感はあったんだけどね。もっと早く来ておけばよかった」とポツリ。
異変に気付きながらも、大丈夫だと思い込んで放置していたようです。
歯の神経を治療するため、数回通ってもらうことになりました
 定期健診に訪れた人はよく「来てよかった」と言って下さいます。
むし歯が見つかっても、初期の段階なら経過観察や少しの治療で終えられるからです。
早期発見ができれば医療費も安く済みます
 患者さんが「受信しておけば」と後悔することのないよう、「定期健診の大切さをもっと伝えよう!」と改めて思いました。
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 16:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする