2020年01月27日

471 口臭のほとんどは歯周病が原因

日本人の9割は固執を気にしたことがある。
民間企業の意識調査(2019年)で、こんな結果が出ました。

時に男性の「口悩み」では、むし歯や歯の黄ばみなどを抑えて口臭が1位にランクインしており、大きな悩みの種になっています

口臭は多かれ少なかれ、誰にでもあるものです
例えば朝起きたとき、口が少し匂うことはありませんか?
これは睡眠中に唾液の分泌が減り、細菌が増えやすくなるからです。
ニンニクやお酒を飲んだ後も臭いますよね
こうした生理的な口臭は時間がたてば収まります。

問題になるのは、慢性的に強いにおいを発する病的な口臭です。
胃や腸など内臓疾患が原因の場合もありますが、臭いの原因のほとんどは歯周病といわれています。
歯周病は悪化すればするほど細菌が増殖し、強烈なにおいの元凶となります。

でもご安心ください
歯周病はセルフケアと歯科受診で治療できます。
つまり、ほとんどの口臭は抑えることができるのです。
口臭が気になる方は是非受診してくださいね
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 13:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする