2007年10月10日

“朝食をしっかり取ることは本当に大事”早寝 早起き 朝ごはんの習慣を身につけましょうAB

A●「夜型生活」に問題ありexclamation
 キレる子ども・やる気のない子ども、の多くが「夜型で、朝食を食べない」生活をしているそうです。
お腹が空いているときや睡眠不足のときは、誰もがイライラしやすく、やる気がでないものですあせあせ(飛び散る汗)
また、本来、人間の「体内リズム」はお日様が昇っている時間は活動、沈んでいる時間は休息というようにできているため、夜型生活をしていると、低体温、低血圧など、からだにもさまざまな影響が出てしまいますがく〜(落胆した顔)
子どものうちからできるだけ体内リズムとのズレの少ない生活リズムを身につけるように心がけたいものですひらめき

●子供の「夜型生活」を直すための工夫
・寝る時間を決め(小学生なら遅くとも10時までに)、守らせる。
・寝るまでの手順を決め、心身ともに寝る準備をさせる。
→ぬるめのお風呂に入る。明日の準備をする。「おやすみなさい」とあいさつを交わすなど。
・眠りやすい環境をつくる。→テレビなどを一度切る。音を小さくする。


B★バランスのよい朝食をとるために
まずは「何か食べる・飲む」習慣をひらめき
 食欲のない子どもは、前日の夜に問題がある?
夕食が遅かったり寝る前に何か食べたので?寝る前の2時間くらいはお茶を飲む程度にして、睡眠中は胃腸を休ませましょうぴかぴか(新しい)
(※寝る前に飲食しないことは、むし歯予防にも最適)朝起きたら、カーテンを開けて日の光を浴び、水を飲んだりシャワーを浴びたり軽い体操などをして、からだを起こしましょうわーい(嬉しい顔)

 食べる時間の確保のためにも子どもは、今よりも30分早く起きる。
早寝早起きは生活のリズムや健康の基本exclamation夜型より朝型にしたほうが勉強も効率アップexclamation

 食べるものが用意されていない子どもは、自分で作るexclamation×2
誰でも自分の食べるものくらい簡単なものを準備し作れた方がいい食の生活技術を身につけるexclamation

主食+おかずの朝食から
ご飯+みそ汁・ご飯+納豆・ご飯+昨日の残りのおかず・パン+卵やハムなど
簡単に用意できるものを食べることから始めるグッド(上向き矢印)
参考文献
「家族みんなで楽・らく食育」
NPO法人 みんなの食育 編・著

鹿児島県歯科医師会学校歯科部会発行
県学歯部会だより 第6号より
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 12:16| 食育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする