2008年04月22日

咀嚼力を考える

「噛めない、噛まない、飲み込めない」子供達が増えているといわれていますふらふら
しかし、自分の担当する児童や患者がちゃんと噛めているのか判定するのは容易ではありませんあせあせ(飛び散る汗)
 従来、咀嚼能力の評価には、ピーナッツや生米を噛み砕いたものを篩分けする方法などが一般的でした。
 最近、日常的に馴染のあるチューインガムに注目し、簡単に咀嚼能力を判定できる商品が発売されましたひらめき
 東京医科歯科大学大学院・早川巌教授の指導のもと、ロッテとオーラルケアの共同開発で作られたロッテキシリトール咀嚼力判定ガムですぴかぴか(新しい)
通常ガムを噛む様に、被験者にガムを1枚2分間噛んでもらいます。
咀嚼後、パッケージに記載されているカラーチャートと比較します。このガムは赤、黄、青色の3種類の色素が使用されています。
咀嚼前は、わずかに配合されている酸味料によりガムは酸性に傾いており、赤色の色素は発色せず、黄色、青色の色素のみ発色しているため、ガムは黄緑色を呈しています。
咀嚼することにより、黄色、青色の色素が徐々に溶出します。
同時に酸味料が溶出することと唾液の緩衝作用によってガムのphが上昇し、赤色の色素が発色し、色調の変化が生じます。
充分に咀嚼されていれば鮮やかな赤色を呈します。
 結果は、細かく数値化できるわけではありませんどんっ(衝撃)
しかし、噛むをガムの色がかわるというのは児童にとってはかなりインパクトがある様ですexclamation

鹿児島県歯科医師会学校歯科部会発行
県学歯部会だより 第11号 より
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 16:51| 歯科医師会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする