2008年05月02日

歯の記念日

1年365日、毎日なんらかの記念日がありますが、「歯に関する記念日を知っていますか?」と聞かれて答えられる方は果たしてどのくらいいるでしょうかひらめき
意外と正確に答えられる人は少ないかもしれません。

「よい歯の日」:4月18日、「いい歯の日」:11月8日
 「4(よ)1(い)8(歯)」、「11(いい)8(歯)」の語呂合わせで、日本歯科医師会が制定したもので、健康な歯と歯ぐきを大切にしようと呼びかけていますexclamation
年半ばで行われる後述の「歯の衛生週間」が歯科関係では最も重要なキャンペーンではありますが、「よい歯の日」や「いい歯の日」など年の前後にも啓蒙することで、歯のケアを生活者にいつも意識してもらおうという関係者の意図でもあるようです。
ちなみに中国では9月20日が「よい歯の日」に当たる「全国愛牙日」と制定されており、日本同様様々なキャンペーンや予防活動が行われているそうです。

「入れ歯の日」:10月8日
「1(い)0(れ)8(歯)の語呂合わせで、全国保険医団体連合会が1992年に制定しました。
「保険で良い入れ歯を」として、全国で入れ歯についての電話相談が行われています。
また、愛知県などある地域では、「入れ歯の日」にちなみ、不要になった入れ歯を供養する「供養祭」を開くところもあるようです。

「歯の衛生週間」:6月4日〜10日
何といっても、歯科関係者として忘れてはならないのはこれでしょう。
「歯の衛生週間」は日本歯科医師会、厚生省(現厚生労働省)、文部省(現文部科学省)が1958年から実施しているキャンペーンで、6月4日から10日までの1週間を指しますexclamation
もともとは1928年から1938年まで「6(む)4(し)」にちなんで実施された6月4日の「むし歯予防デー」が始まりで、その後1940年代の「口腔衛生週間」、1950年代の「口腔衛生協調運動」など名前を変えながら、1958年から現在の「歯の衛生週間」として定着しましたわーい(嬉しい顔)
歯の衛生に関して正しい知識を国民に知ってもらうために、学校、保健所、医院等にて検診、ブラッシング指導など様々な活動が行われていますぴかぴか(新しい)
実は東京都墨田区に、「良い歯の日発祥記念碑」なるものが建っています。
1925(大正14)年に本所歯科医師会が口腔衛生の啓蒙のために、児童の歯科検診を行うとともに歯の健康優良児を表彰したといいます。
後年これが「虫歯予防デー」(6月4日)として制定されるきっかけになったとも言われ、それを記念して建てられましたグッド(上向き矢印)

みなさま 歯を大切にわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by 毛利歯科ふれあい新聞より at 19:59| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする